LOG IN

おたくさんぽ~小田原城あじさい花菖蒲まつり2016

by ミー

あなたの苦手な人から電話がかかってきたら・・・どうします?

はなみさんぽ(花見+みさんぽ)の一環としてあじさいを見に行くことにしました。
そこであじさいのことを下調べしているところでした。

(ふむふむ。シーボルトはアジサイをオタクサと呼んだのか…。よし、次のあじさいさんぽは「おたくさんぽ」にしよう。)

トゥルルルルル、トゥルルルルル

もしもし

みさんぽ見たわよ。

ありがとう…って、あの、どちらさまですか?

エルよ

エルは大学が同じだった古い友達です。
なんだか嫌われているようで、苦手な友達なのですが、久しぶりに電話がかかってきたのです。

・・・・・・あっ、ああ、元気?

あしかがフラワーパーク行くならなんで誘ってくれなかったの?私も年間パス持ってるのに。

エルはミーが一人であしかがフラワーパークへ行って、藤を見た記事を読んで連絡してきました。
ただ・・・ミーはエルとずいぶん長い間連絡を取っていなかったので、住んでいる場所や年間パスポートを持っていることも知らなかったのです。

そうなんだ!今度一緒に行こうよ。

今アジサイが見頃よ。

アジサイ散歩はまず小田原から行く予定なんだよね・・・。

そっちも一緒に行ってあげて良いわよ。

やんわりと断ったつもりでしたが、押しの強さに負けて一緒に行くことになりました。
小田原城あじさい花菖蒲まつりはライトアップがあるので、一人で夜道を歩くことになり、単身赴任中の夫クーが心配してしまいます。一緒に行く人が見つかっただけでも良かったと自分に言い聞かせました。

雨の新宿。小田急デパートで待ち合わせた二人。ミーは後ろから肩をポンと叩かれて振り向きました。

アハッ、まだそのバッグ使ってるの。全然変わってないからすぐわかったわ。あっ、ちょっと太った?

・・・。あのさ、小田急線の乗車券、ここのすぐそばでディスカウントしてるんだよね。買いに行こうよ。

めんどくさいわ。大して変わらないでしょ?

往復で500円くらい違うよ。すぐそこだから、ねっ。

チケットショップに寄ってから、二人は小田急線乗り場に向かいました。
小田原までは新宿から小田急線で一本です。JRを使うと1490円かかりますが、小田急線なら874円(どちらも90分くらい)。チケットショップで小田急線の切符を買えば600円程度になります。ロマンスカーは890円で特急券を買うと乗れます(70分くらいで着きます)。

小田急線のホームのOdakyu SHOPに色々なお弁当が売っていました。

私、あじさいちらしにしよーっと。

人気上位のお弁当はお肉のなんだね。普段昼はあんまり食べないんだけど・・・。

あなた代謝が悪いんじゃない?

冷え性だからそうかもね。私もあじさいちらしにする

680円であじさいちらしを購入しました。
平日の空いてるロマンスカーの車内で席に着き、早速お弁当を食べ始めました。

おいしい!これにしてアタリだったでしょ?

うん。味のバランスが良いよね。これなら安いね。

小田原に着いたら雨はあがっていました。
地下街のHaRuNe小田原に下りたところにある、案内所を見てみました。

小田原さんぽ甘味摘みだって。今日泊まる温泉施設のカキ氷もエントリーしてるよ。やってみない?

「小田原のスイーツをお得なチケットで食べ歩く」か。あなたの好きそうなイベントね。私もお付き合いしようかしら。

500円のチケットが4枚綴りで2000円になります。

このイベントは毎年やってるんですか?

半年に1回のペースでやってますよ。マップ付きのパンフレットをどうぞ。

地下街から地上に抜けると駅前商店街があります。すき家のある交差点には、右折すると小田原城という標識があるので、従って進みました。

スーパーがある。ジュース見て行こうよ。

二人はOdakyu OXに入って行きました。

地サイダー発見。これふたが閉まらないから、半分ずつ飲まない?

私が味を選ぶんならいいわよ。

小田原柑橘倶楽部の片浦レモンサイダーを220円で買いました。地サイダーはスーパーで買うとちょっと安いです。

他に小田原みかんサイダーと小田原梅サイダーがありました。サービスカウンターでサイダーの栓を抜いてもらって外に出ました。

レモンの成分がいっぱい浮かんでるわね。

おいしいね。ほんのり苦みもあって。

二人でサイダーを味わいながらまっすぐ行くとお堀が見えてきました。

お堀の脇をお散歩っていうのも良いね。蒸し暑いけど。

お堀沿いに進むと藤棚がありました。御感の藤という名前で、藩主が鉢植えにしていたものを買い受けて育てたと書いてありました。さらに進むと神社がありました。

緑がすごいわね。

それからきんじろうカフェでショッピングしました。

そのクリアファイル、自分のにするの?

クリアファイルを300円で買いました。ほかのデザインも素敵でした。

母へのお土産。旅先で買ったクリアファイルに絵を挟んでプレゼントしてるの。

ずいぶん安上がりね。

ねぇ、この二宮金次郎のスマホスタンド、面白いね。

この人歩きスマホの走りよね。

雨上がりの光に映える緑に満ちた報徳二宮神社にあった標識に従って天守閣に向かうことにしました。

天守閣までは登りだね。

レインシューズだから歩きにくいわ。

私も。こっちも雨だと思ったよね。あ、道の真ん中にネコが。

ずいぶん人に慣れてるのね。ここから天守閣見えるし、アジサイと天守閣のツーショットを撮りたいわよね。

うん。でも電線とか木が邪魔で難しいね。

ぐるっと回って天守閣にたどり着きました。

砂利の上歩くとお城に来たんだなって感じ。

小田原城真っ白ね。大改修の直後だからかしら。

あっちの山は箱根の方かな?クー(夫)も来たかっただろうな。お城大好きだから。

天守閣を後にしてあじさい花菖蒲まつりの会場に向かいました。

なんで本丸広場で猿なんて飼ってるのかしら?

昔は小田原城の中に動物園があったから、その名残なのかも。

良く知ってるわね。あら、綺麗な橋。

あれを渡ったら、あじさい花菖蒲まつりの会場だよ。

わあ、お堀の斜面にあじさいがいっぱい!

見事ねぇ。花菖蒲の方は終わってきてるみたいだけど。ほとんどが手まり咲みたいね。

与謝野晶子が「手まりの花のかたまりの」って歌ってたよ。

それどういう歌なの?

全部は覚えてないんだ。カエルがどうとか言って・・・。

なによ、気になるじゃない。今度教えてよね。

雨がへる 手まりの花の かたまりの 下に啼くなる すずしき夕(与謝野晶子「佐保姫」 明治42年より)

二人はあじさいに囲まれた道を奥に進んで行きました。奥には人がたかっている場所があります。

あ、見える、見える。

ちょっと木が邪魔ねぇ。あの木切ってくれないかしら?

でもここはちょうどあじさいが多いところの真上にお城が見えて良いよね。ちょっと早いけど、晩御飯食べない?地下街に10割そばの店があったよね。

軽いものが良いから、そこにしましょ。

二人はさっき通ったHaRuNe小田原に行くことにしました。

このお蕎麦屋さん、6時からざるが半額だね。

6時までもうすぐね。

少しうろうろしていたら、ミーが「小田原かまぼこ本陣」に気付きました。

揚げたてのを食べ歩きできるって。

あら、おいしそう。

税込388円になります。ただいま揚げますので少々お待ちください。

少し待つと、あつあつのあげかま棒を紙コップに入れて渡してくれました。

おいしい!あっさりしたものの素揚げだからボリューム感がちょうど良いね。塩気も程良いし。

うん。おいしい!プリッとしてるわね。おやつでたんぱく質も取れると良いわよね。

6時を過ぎたので、「きみのそば」でエルはざるそばを半額の300円で、ミーは2人前の富士山そばを半額の500円で食べました。

10割なのにこしもあっておいしいね。ここの地下街って良いよね。

そばに住みたくなった?

そばだけに。

暗くなるまで地下街をぶらぶらし、7時からライトアップされるあじさい花菖蒲まつり会場に行きました。夜の花菖蒲園では、カラスが騒ぎ、カエルが大合唱していました。

もう人がいっぱいだね。

お城もライトアップしてるんでしょ?

見えるよ!すごい綺麗!

わあ!光に照らされたお城とあじさいを同時に楽しめるわね。

このツーショットなら文句ないね。

邪魔なものが隠れて、綺麗なものだけが浮かび上がってるのね。

夜の闇が深まると、カラスの声がおさまってきました。

あじさいのライトアップって初めて見たけど、むしろ暗闇を楽しむって感じだね。あじさい以外は真っ暗。

ふふ。あなたって都会っ子ね。田舎の夜はこんなものよ。私、カエルの声が好きで田舎に住んでるのよね。

そうだったんだ。エルってロマンチストなんだね。

そうなのよ。私には都会が似合うんだけどね。

それにしても梅雨の晴れ間だからじっとりしてくるよね。

この後すぐ温泉に入れるのが嬉しいわね。

温泉施設「万葉の湯」の貸切部屋に泊まることにしました。

お部屋のご利用は9時からになります。

綺麗なところじゃない。安いのに。

和風で良いよね。ねぇ、カキ氷、10時までだから、先に食べちゃった方が安心じゃない?

お風呂上りに食べたいわ。パパッと入っちゃいましょうよ。何度も入れるんだし。

温泉をさっと浴びてから、お食事処に行って、小田原さんぽ甘味摘みのチケットでふわふわ和かき氷の純茶練乳金時を注文しました。

お風呂上りにカキ氷って良いわぁ。

抹茶とはちょっと違った魅力だね。

器も良いわよね。

これはおだわらスイーツpremiumだから小田原の工芸品なんだろうね。

あったかい緑茶もおいしい。

セルフマシーンだけどちゃんとしたお茶だよね。カキ氷の純茶と同じ無農薬有機栽培のお茶屋さんのだってね。

9時を過ぎたので、貸切部屋を借りてロッカー室の荷物を持ってきました。

ささゆりの間か。あじさいの間が良かったわ。

すぐにまた温泉へ。今度は屋上露天風呂に行ってみました。

私、熱いとのぼせちゃうから、露天の方が好きなのよね。景色は見えないのね。

こっちが見えちゃうじゃん。

こっちの湯舟、他に誰もいないから泳いじゃおっと。

平日だから空いてて良いよね。

思う存分温まりました。ロッカー室にはタオルもブラシも置いてあります。

館内着の浴衣可愛いよね。大きいサイズあって良かった。

あなた寝相は大丈夫なの?作務衣もあったけど。

大丈夫じゃないけど、浴衣が好きなんだもん。

そう言えば部屋を借りない人はどうするの?

リラックスルームとか臨時仮眠室で寝るんだよ。

ちょっと見てみない?

10人くらい寝てるわね。

相部屋が気にならなければ、ちゃんと横になれるから良いよね。

女性専用もあるリラックスルームにはリクライニングシートとテレビ画面が並んでいました。
万葉の湯は入館料 2300円
深夜料金(3時以降)1500円
貸切部屋9時から翌朝9時 5000円(サービス料金)
貸切部屋で2人が一晩過ごせば、一人当たり6300円ですが、各種割引もあります。

塩辛が食べたい。

何よ急に。ビールでも飲みたいの?一階のお土産売り場にあったんじゃない?

お食事処の深夜メニューにあるよ。ちょっと行ってみない?

しょうがないわねぇ。私はジュースでも飲もうかしら。

深夜のお食事処には、談笑する人や棚のマンガを読む人がちらほら。ミーはイカの塩辛とご飯を注文して、エルはミーが万葉の湯の会員になった時貰ったサービス券でソフトドリンクバーを利用しました。

ねぇ、ちょっと雑誌読んでいっていい?

うん。私はマンガ読む。結構色々あるよね。

早起きして、もうひと風呂浴びに行くと、最後にもう一度温泉に入りたい人たちで洗い場はにぎわっていました。さっぱりしてからお食事処へ朝食をいただきに行きました。セルフサービスで一つ一つに値段がついています。

アジの干物があるよ。まだ温かい。

いいわね。小田原の朝って感じ。ご飯の盛りがすごいわね。

おかわりできないからね。

大根おろしとおしんこはつけますか?

はい。

良かったわね。おしんこついて。そんなにご飯食べるなら。

アジの干物すごくおいしい!さすが小田原。

万葉の湯を後にして、甘味摘みです。チケットはあと3枚あります。

今日は良い天気だね。もう一回あじさい見てから風月堂に入ってみない?

いいわよ。甘味摘みってなんだかオリエンテーリングみたいね。

小田原城のあじさいは、朝の光に輝いていました。小田原城からちょっと海の方へ行って、左に曲がると本町風月堂があります。

風月堂の和菓子詰め合わせは、城下町もなか・へっちょい・選べるどら焼き2個で、税抜き520円相当でした。

小田原城の思い出の最中ね。

またお堀沿いの散歩を楽しみ、お堀端通りを通って、駅の方まで戻って来て、山安の前を通ると開店の準備をしているところでした。山安での買い物はあとにして東通りの商店街に入ると、お肉屋さんがやっているお得そうなお弁当屋さんがありました。

知らない商店街って面白いね。おなかいっぱいじゃなかったらここのお弁当買ってみたかったな。

和菓子好きのお客さんも早起きなようで、朝から店を訪れる人たちがいました。栄月ではショーケースの色とりどりの上生菓子が目を引きました。

綺麗だね。あじさいと花菖蒲のもある。

綺麗ね。私も上生菓子にしちゃおうかしら。

1チケットで1つ210円で売っているのを3つ選べました。
もと来た道を引き返して山安に着くと、入口で干物を焼いていて、アツアツのを試食させてくれました。

やっぱり焼きたてはジューシーね。

ミーは結局金目鯛の規格外品とほっけみりんを買いました。金目は小ぶりの6枚で310円という安さでした。ミーもエルもオリジナルの保冷エコバッグを270円で買いました。有料の保冷剤がサービスで付いています。

ふふ。お揃いね。

山安の干物はスーパーで普通に買うものより、しょっぱくなくて良かったです。規格外品でも味は問題ないと思います。
ミーが甘味摘みの中でキャラメル最中が気になっていたので、HaRuNe小田原の最中工房小田原種秀に行ってみました。チケット1枚でキャラメル最中か塩キャラメル最中を3つです。

塩キャラメル最中のご試食をどうぞ。

アーモンドと胡桃がぎっしりで、塩気のきいたパンチのある味でした。

おいしい!

あら、おいしいじゃない。私もこれにするわ。

塩キャラメル最中は、税込180円で売っていました。最中の皮だけのセットもありました。帰宅後、あと引く味で2個連続で食べました。暑い夏に元気の出るお菓子です。
最後にHaRuNe小田原の農産物直売所「朝ドレミファ~ミ♪」に寄って行きました。

緑みかんシロップって何に使うの?

カキ氷にかけるの。

緑みかんシロップは、みかん果汁と砂糖だけでできています。ちょっと酸味が強いですが、フルーティーで高級感のあるカキ氷ができて、食べるとさっぱりしました。250ml400円と、この手のシロップにしては結構安いと思います。次来た時も絶対買いたいです。

小田原どうだった?

お城は風情があるわね。お花が引き立つわ。

あげかま棒も干物もおいしかったよね。さすが城下町。

山安の保冷バッグ、気に入っちゃった。今度一緒にこれ持って何か買いに行かない?

いいねぇ。また一緒にみさんぽしようね。



ミー
OTHER SNAPS